歯医者

いびきなどの悩みは歯医者にお任せ|歯科で体験できる簡単治療法

いびきの原因と危険性

医療器具

いびきが長い間続いている方の中には睡眠時無呼吸症候群を発症する方が多く、症状が長く続くと身体に深刻なダメージを与えてしまいます。また自分が睡眠時無呼吸症候群を発症しているか確認する場合は、寝ている様子を撮影するのが最適です。

View Detail

身体の衰えからくるいびき

看護師

いびきが発生する原因には飲酒や喫煙などの生活習慣が含まえれており、いびきを解消するには生活習慣を改善していくことも必要になります。また身体の老化などによってもいびきは発症してしまいますが、専用のマウスピースを利用することで症状を改善することも可能です。

View Detail

マウスピースで呼吸を調整

先生

歯医者で作成されるマウスピースは口の中の状態を改善し、寝る時の呼吸を楽にできるように作られています。またいびきの音が大きすぎたりする場合は、歯医者や専門の医療機関で一度診察を受けてみる必要があります。

View Detail

いびきを解消する為の方法

白い歯

お酒といびきには深い関係があります。寝る事と、嗜好品と言う全く別の物のように感じますが、実はこのアルコールには筋肉をゆるめて緊張をほぐす効果があります。それにより飲んでいない時よりももっといびきをかきやすくなってしまいます。更に、睡眠時無呼吸症候群の人がお酒を飲むと、更に症状を悪化させてしまう事になります。寝付きが悪い、ストレス発散等の理由から、お酒を飲んでから就寝する事が習慣になっている人がおりますが、これはまったく逆効果になっている事があります。いびきが気になっている人は、アルコールの摂取を辞める事により症状を軽減させる事ができるようになります。アルコールは肥満の原因にも関係しており、肥満は睡眠時無呼吸症候群やいびきの発生源となる確率が高い症状です。肥満体である場合には、呼吸以外の部分にも影響があります。更に、これらの症状は加齢によっても進行する為に、肥満のまま加齢にならないように早い段階でダイエットや生活習慣の改善をして、健康的な生活が出来るように対処するべきだと言われています。いびき解消用のマウスピースは歯医者で簡単に作成が可能ですし、明石などの地域には無呼吸治療専門の外来も存在しています。明石でいびきに悩んでいる方は、一度診察を受けてみるのが良いでしょう。

何故いびきにマウスピースが効果的なのかと言う話ですが、マウスピースを装着する事により前顎が数ミリ前にでて咽頭部を広げてくれます。それにより、空気の通り道が確保できて呼吸が楽になります。このマウスピースは口を開けて寝るくせがあり、口呼吸が治らない人にも効果的な治療器具です。最初は装着した時にどうしても違和感が出てしまいますが、だんだんと慣れます。これを装着していびきや口呼吸や無呼吸症状がなくなる事で、ぐっすりと深い眠りに付く事ができます。マウスピースは歯医者で作成する事になります。医師が治療の為に必要であると判断した場合には、保険が適応されます。保険適応で1万円程度かかります。歯医者で自分の口内に適した形の物を作ります。しかし、このマウスピース治療は出来る人と出来ない人がおり、鼻に疾患を持っている人や歯抜けの人には治療できません。鼻に問題がある場合には、まず鼻の疾患を治療してからいびき治療へ行く事になります。また、肥満体型の人、顎関節症の人、成長期で骨格が変化しやすい子供は利用する事ができません。骨の成長を妨げる事になる治療は不可能となっています。